小池劇場と小泉劇場、1字違いの大違い

2017/10/6 FRI

「木戸銭返せ!」
そんな怒鳴り声やモノが飛んできそうな
小池劇場=希望の党のドタバタ劇が続いています。


反対勢力を敵と定め、そこを集中攻撃することで
耳目を集め人気を高めていく政治手法は
小池さんを環境相として初入閣させた
小泉純一郎元首相の小泉劇場から学んだとされ、
劇場型政治とも呼ばれ共通します。


都知事選、都議選と自民党を仮装敵に仕立て成功した小池劇場、
今回の総選挙も安倍内閣打倒を旗印に掲げました。
ところが、
取り込んだ積りの民進党から分裂した立憲民主党を敵に回し、
逆にリベラルへ勢いを与えてしまうという、
手痛いアドリブを演じてしまいました。


一方の小泉さん。
自民党内の反対勢力を
「抵抗勢力」と名付け流行語にしてしまうほど
メディア戦略に長けている点は小池さんと似ています。
ただ、小泉さんは
大衆迎合するだけの政治家と違いました。


代名詞である「郵政民営化」は単に
郵便局を国営から民営へ変えて
業務を効率化するだけではありません。


ムダな公営事業に使われていた
巨額の郵便貯金が成長分野へ回るよう
日本全体のお金の流れを変える狙いこそが
「郵政民営化」の真骨頂だったのです。


若いころから温め続け、
国民に分かりずらい真の狙いを
一気に訴え大勝利へと導いたのが
2005年の郵政解散でした。


小池さんにそんな政策がありますか。


今日午前、希望の党が公約を発表しました。


消費増税凍結だそうですが、
候補者の公認料支払で
「振り込め詐欺」とまで言われる党に
財源を短時間で計算する能力がある筈もありません。


原発ゼロだそうですが、
4日前になっても党首の不出馬を
信じてもらえない党が作った
2030年までの工程表など
信じられる筈がありません。


稽古不足の猿芝居は願い下げです。


2017年9月末で19年ちょうどになるかめさん流、
金・日本株・REIT(不動産投資信託)による運用実績は
恥ずかしながらの年10.16%(手数料税金差引前)、
手数料差引後では年9.98%ですm(_ _)m