中継もレベルアップ♪

2008/08/18 MON
残念ながら日本勢がメダルに届かなかった
北京五輪の女子マラソン。
かめさんはチラッ、チラッとしかテレビを見られなかったけど、
よく映像がストップしてしまうのがどーも気になりました。
地対空ミサイルが空をにらんでいる北京。
そういった軍事上の問題ももしかしたらあるのかもしれませんが、
ハイレベルな日本のスポーツ中継を見慣れていると、
ちょいとストレスでしたね。


でも、実はそんなハイレベルな日本のテレビ中継技術が
北京五輪でかなり使われているんすね。
8/13の朝日新聞によれば、柔道中継には世界選手権で
国際映像の制作経験があるフジテレビスタッフ42名が乗り込み、
畳の下に音声マイクを仕掛け、
畳が擦れる音や激しく倒れる音を拾うことで
臨場感アップに成功しているんですね。
他にもNHKが体操、新体操、トランポリンを手掛けているそうで、
日本の放送局は、中継が不得手な競技も学習して
レベルを上げる能力があると評価されてるそうです、偉いっ=^_^=


そう言われて思い当たるのが、サッカー中継。
93年のJリーグスタートと同時にサッカー中継が
急増したのはうれしかったけど、アナウンサーもひっくるめて、
当時のサッカー中継のレベルと言ったら・・・・
本当ひどいもんでした(^^ゞ
やたらスター選手のアップばかりで全体の構図が見えず、
リプレーにこだわって肝心のゴールシーンが、
などなどもうあきれて笑っちゃうレベルでした。
でも、今や海外中継を見ていて、
日本の方が、と思うこともしばしば。
これは日本でサッカーの面白さが理解されてきたことの
何よりも現れっすよね。
とご機嫌になりつつ、
今夜のなでしこJAPAN準決勝米国戦に
思いをはせるかめさんでした=^_^=

速い!ボルト

2008/08/17 SUN
世の中に”速い!”と思うものはたくさんあります。
今回の北京五輪でも、
サッカー男子・長友をちぎった米国右サイドバックのウィン、
バトミントン・オグシオを破った
男勝り中国女子ダブルス(ごめんね(^^ゞ)のスマッシュ、
柔道女子78KG超級残り8秒で塚田を背負い投げで破った
中国選手の打ち込みスピードetc・・・
なぜかどれも日本がやられたシーンですが(^^ゞ


でも、昨日、陸上男子100M、
9秒69の世界新記録で優勝したボルトは
そんな”並み”の”速い!”を吹っ飛ばしちゃいました。
残り20Mで横を向いて、手を広げて、胸を叩いてフィニッシュ、
それで2位以下に大差をつけて世界新なんて、あり?
予選からみてたけど、
どのレースも余裕こきまくりで決勝へ。
決勝のスタート前も他の選手が緊張でがちがちなのに、
ボルトは空に弓を射るポーズでリラックス。
すご、すぎ。
間違いなく史上最強、最速のランナーでしょう。


かめさん世代にとっての最強ランナーは
ベン・ジョンソンでも、カール・ルイスでもなく、
ボブ・ヘイズ。
1964年の東京五輪を当時の世界新記録10秒ちょうどで制し、
”褐色の弾丸”として存在感抜群でした。
でも、そのヘイズが昨日の決勝に出ていたら、
10秒フラットでは7位。
きっと、ヘイズがとろく見えたんだろうなぁ、
と44年の歳月と自分の歳を改めて振り返るかめさんでした(^^ゞ

なでしこJAPAN2-0中国:いざ、北京へ

2008/08/16 SAT
昨日の北京五輪女子サッカー準々決勝は、
なでしこJAPANが見事2-0で中国に勝利、
内容的にも完勝でした。
これで、メダル確率は75%、
ま、日本以外は米国、ドイツ、ブラジルと
現在の女子サッカー界3強なんで、
そんなにことが簡単に運ぶはずはありませんが、
ノルウェー戦、中国戦の内容を保てるなら、
ひょっとしたら、ひょっとします。


で、単純なかめさんが何よりうれしいのが、
あと2試合、21日まで日本のサッカーが楽しめること。
五輪サッカーはいつも開会式より早く始まるせいもあり、
敗退が決まると、五輪期間の中盤以降は
「終わっちゃった」感に苛まされるかめさん
(そんな大げさなものか?・・・・(^^ゞ)
でも、今回はやっとドサ周りが終わって、
準決勝以降、決勝または三位決定戦まで花の都北京で♪
うれぴー=^_^=

 

石原都知事も多少大人に?加油!中国&日本♪

2008/08/15 FRI
今日は終戦記念日。
そんな日に行われる、北京五輪女子サッカー準々決勝、
日本対中国の会場警備の緊張がピークに、
との報道があちらこちらに。
たしかに、4年前のサッカーアジアカップでの
日本バッシング(日本叩き)は悲しかったです。


でも、今朝のスポニチには
「北京五輪開会式に出席した石原都知事が、
”国の体制に異論はあるが、
中国の大学生は活力があって日本とはまったく違う”
と発言、中国メディアから好意的評価」
との小さな記事が。
もしかして、6月6日付つれづれ日記
”東京にオリンピックを、BUMBに体操競技を♪”で
「開催都市が決まる来年の10月まででいいですから、
腰を低く、いつも笑顔で、マスコミ、
特に海外メディアに愛想ふりまいてください」
と書いた石原都知事へのお願いが届いたのかしらん♪


それは冗談としても、去年中国での試合後、
再び日本バッシングを繰り返す中国の人たちに向かって、
”謝謝”の横断幕を掲げ感謝の気持ちを表し、
中国の人たちを感動させたなでしこJAPAN。
きっと、結果はどうあれ、
両国のサポーターを感動させてくれる試合を
見せてくれると思います。
加油!中国&日本♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪

北京五輪オランダ戦:バルダッシ主審のPK

2008/08/14 THU
昨日の反町JAPAN最終戦、0-1と1点差でしたが、
1点差負けが3試合続くと、
やはり何かが足りないんですよね、トホホ。
昨日の決勝点となったPKを与えたシーン、
かめさんはテレビの前で「あんなのPKじゃないだろ」
と叫んでいました。
解説の相馬直樹さん(だったと思う)も全く同じご意見。
でもVTRが映ると、本田圭が相手選手のユニフォームを
引っ張っているところがはっきりと。
以後、相馬さんもかめさんも何も言えませんでした(^^ゞ


今回の五輪の審判は
各大陸から集められたせいもあってか、
ジャッジにぶれが大きく、悪評たらたら。
でも、昨日の日本ーオランダ戦の
バルダッシ主審(アルゼンチン)はついこの間、
南米クラブチャンピオンを決める
リベルタドーレス杯の決勝で笛を吹いた、
現在の南米を代表する審判の一人。
アルゼンチン国内のスーパークラシコ(超伝統の一戦)、
ボカVSリバープレートを
イエローカードなしで裁いたことでも有名です。


リベルタドーレス杯決勝を見ていたかめさん、
先月12日のこのコラムでも書いたのですが、
選手がばんばん吹っ飛ばされても、
めったなことで笛は吹かれず、その迫力に圧倒されました。
でも、昨日の日本ーオランダ戦では結構笛を吹きます。
あれっ、と意外に思ったかめさんですが、
実はバルダッシ主審、激しいぶつかり合いは
よほどのことがない限り流しますが、
後からのタックルやユニフォームを引っ張るなど
選手に危害が及ぶ危険性がある行為には厳しいし、
本当よく見ているんですね。
その結果があのPK。


そういった主審の立ち位置を見極めることができるか、また、
普段からそういったブレのない主審の元でゲームをしているか、
などなど、山の頂までははるか遠い、
と、しょげるかめさんでした。

なでしこJAPAN、ちょー気持ちいい♪

2008/08/13 WED
なんと、なでしこJAPANが世界ランク5位(日本は10位)の
ノルウエーを5-1で粉砕し、見事決勝トーナメントへ。
日本サッカーが男女を問わず、ワールドカップ、オリンピックの
世界主要大会でこんな大勝を収めたのはもちろん初めて。
大敗したことは何度もあるけどね(^^ゞ
いやー、めでたい、めでたい。
あれっ、かめさんの北京オリンピックは
もう終わったんじゃなかったけ?
だはは、そんな、突っ込まないでください=^_^=
男子がナイジェリアに負けた時はもう世界が終ったような気分で、
あらぬことを口走ってしまいました、ごめんちゃい<(_ _)>
泣いたカラスがもう笑っています=^_^=


でも、本当昨日の5点はどれもちょー気持ち良かったすね。
中でも3点目を生んだ、宮間のスルーパスは、
あの位置、あの体勢から、
あのコース、あのスピード、あのタイミングで出せるか、
という、まさに鳥の眼を持つパス。
サッカー番組のタイトルバックにも使えそうな
近賀の豪快ボレーを生んだ1点目のアシストとともに
宮間の存在感を存分に見せつけました。


さ、いよいよ15日は準々決勝中国戦。
勝機は十分あります。
いろいろ因縁のある両国ですが、
すっきり勝ってメダルに王手といきたいですね。
頑張れなでしこJAPAN♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪

つれづれ日記はキリンVSアサヒ=サッカーVS野球他

2008/08/12 TUE
今日のMONEY DIARYに書いたように、
ビール業界の銅メダル争いも熾烈ですが、
キリンVSアサヒの金メダル争いは三菱VS住友とあって、
宿命のライバルなんて生易しい言葉じゃ
片付けられないですよね。


先月25日の朝日新聞によれば「甲子園 ビールも熱闘」
との見出しで、甲子園球場内のビール販売は
アサヒがほぼ独占してきたけど、
昨シーズン後の球場改装でキリンの飲食店が出現、
アサヒを猛追している、とのこと。
かめさんは「アサヒは関西が地盤の住友系、
関東が地盤の三菱系・キリンに甲子園では優位」
ぐらいに軽ーく考えていました。
でも、記事を読むと、アサヒがキリンとサッポロに及ばず、
サントリーにも迫られた85年、タイガースが優勝。
「絶大な宣伝効果」により、落ち込みが抑えられ、
その後のスーパードライ大ヒットにより、
アサヒが業界首位に立った、とのこと。
ムムム、ナイター観戦でぐびぐびっとやる生ビールにも
熾烈なシェア争いが隠されていたんですね。


でも、かめさんが昔からもっと気になっていたのが、
サッカーの三菱・キリンVS野球他の住友・アサヒの構図。
三菱・キリンはサッカーのキリンカップや
サッカー日本代表に対する様々なサポート、
昔をさかのぼればダイヤモンド・サッカー
(番組名にもちゃんと”菱”が入っている(^^ゞ)などなど、
サッカーおやじのかめさんは丸の内に足を向けて寝られません。


でも、住友・アサヒがサッカーにかかわった話って
ほとんど聞いたことがないんですよね・・・・。
アサヒビールのCMは星野JAPANだし、
アメフトもスポンサーになっているけど、
サッカーには冷たい(^^ゞ
ま、三菱・キリンへの対抗上こうなったんでしょうけど、
いつから?なんで?
分かる人がいたら、是非、教えてくださいナ<(_ _)>

五輪男子サッカー終戦

2008/08/11 MON
五輪男子サッカー、終わっちゃいましたね、とほほ・・・
かめさんにとっては、北京五輪は開幕2日目で終わったも同然、
がっくし&無念っす。
スポーツ新聞の扱いも心なしか小さいし、ぶちぶち(^^ゞ


でも、昨日のナイジェリア戦は初戦のアメリカ戦と違い、
全員前を向いて、勇気をもって、向う傷を恐れず戦っていました。
失った2点とも、ボールの失い方が悪かったのは事実ですが、
ここぞで集中したナイジェリアの
技術、判断、スピード、身体能力の方をほめるべきだと思います。


残るは日本にとって消化試合となるオランダ戦。
でも相手はこの年代の欧州チャンピオン。
いま一つ調子は上がっていないようですが、
日本戦に一次リーグ突破をかけて120%の力で向かってきます。
反町JAPAN最後のゲームにふさわしい試合を期待してきます。

向う傷は問いません:今日、男子サッカー・ナイジェリア戦

2008/08/10 SUN
昨日は谷亮子選手が惜しくも銅メダルに終わり、
ママでも金、はなりませんでした。
でも、ママさんを立派に務めながら奮闘する姿には、
かめさんも共感していました。
自分の赤ちゃんをウエイト代わりに腹筋に励む姿や
負けても潔い態度は本当尊敬します。
旦那・谷選手のコメントも偉いですね。


でも、どうも日本選手団の出足悪いですね。
前回アテネはサッカー女子・なでしこJAPANが
初戦でスウェーデンを破る金星を挙げ、
日本選手団全体が勢いに乗った、という声もあっただけに、
今回はサッカーおやじのかめさん、肩身が狭いです(^^ゞ
でも、昨日のなでしこJAPANアメリカ戦、
0-1の敗戦だったけど、少なくとも男子のアメリカ戦より、
やることをやった上での敗戦だったので、
かめさんはよくやった、と評価しています。


今日は女子以上に後がない、
男子サッカー・ナイジェリア戦。
力は断然ナイジェリアが上です。
でも、なでしこJAPAN同様、
やることをやって負けたなら、絶対次につながります。
とにかく前を向いて戦うこと。
向う傷は問いません(旧住友銀行じゃあるまいし(^^ゞ)
精一杯FIGHTしてきてください゛(`ヘ´#) 

サッカーと野球

2008/08/09 SAT
数日前のテレビで「北京五輪で見たい競技」の
アンケートをやっていて、わがサッカーは6位。
ライバル野球(少なくともかめさんはそう思ってます、
はい(^^ゞ)は3位だったんで、ちと悔しいかめさん。
多分、前々回の2000年シドニー(結果はベスト8)は、
日韓ワールドカップも控え、
野球より上位だった気がします。


でも、なぜか最近は野球がJリーグの経営に学べ、
という記事をよく目にします。
確かにJ1、J2合わせて33チーム、
その下のJFLやもっと下の地域リーグまで含めた
Jリーグを目指すチームを合計すると、
Jリーグは100チーム近くに膨れ上がる計算になります。
これはイングランドに匹敵するプロチーム数ですから、
もし順調に増えていけばすごいですよね。


ただ、逆にサッカーから野球を見ると、
なんであんな高年俸を払えるの?
という素朴な疑問が。
サッカーはすそ野を広げて、
野球はすそ野はそうでもないけど頂上が高い、
と言った感じですよね。


北京五輪は星野JAPANの方が期待できそうですが、
お互い、いいとこどりで発展していってほしいもんです。
がんばれニッポン♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪

たらたらやってんじゃねーよ、米国に0-1で敗戦

2008/08/08 FRI
昨日の北京五輪男子サッカー米国戦、
よく分かんないうちに0-1で敗戦。
新聞、テレビを見てもいろんな敗因分析がのっています。
いわく、決定力不足、後半の入り方、前へ行く気持ち、
オーバーエージ不在、荒れたピッチ、不可解な判定etc
どれもきっと当たっているんでしょうね。
でも、かめさんが一番テレビの前で声を荒げたのが、
前半終了間際、ロスタイム1分近くが経過して、
日本が獲得したコーナーキックのシーン。
かめさんのぶち切れ声に、かみさんもびっくり(^^ゞ


ロスタイムが1分しかないのが分かっていながら、
たらたら給水をして、
結局コーナーキックを蹴られなかったこと。
米国の選手の給水に日本が付き合う必要は
これっぽっちもないですよね。
米国選手は日本とは逆に時間を引き延ばしたい訳だし、
日本が素早くコーナーキックを蹴りに行ったら、
米国側も水なんか飲んでいられるわけがありません。
あんなとき、チームを鼓舞して、引っ張るのは誰?
たらたらコーナーキックを蹴りに行く選手を急がせるのは誰?
誰が、というよりチーム全員が戦う気持ちを前面に出して、
声を出さなきゃならないんじゃないの?


以上、とっても、不機嫌なかめさんでした゛(`ヘ´#) ゛

今日はクールに山形水らーめんダゼ。

2008/08/07 THU
今日も暑かったすね、皆さん。
こんなときでもラーメンが食べたくなってしまうかめさん。
こんな時ぴったりのラーメンを自信をもって紹介しましょう。
その名も山形水らーめん、冷やしらーめんとも言いますね♪


場所は銀座1丁目14-9、昭和通りに面した
「プルーカフェ」というお店。
名前のとおり、カフェそのもので、
洒落た横文字料理もたくさんあるのですが、
何と言っても人気は山形水ラーメン。
かめさんも今シーズンは今日が初めてだったのですが、
このクールにしてがっつり本格的な味はたまりません。
水らーめん、冷やしらーめん、って言っても、
冷やし中華みたいなもんだろ?
というのが、食べたことがない人の大方の先入観。
ノン、ノン、全く別もんだぜ、となぜか粋がるかめさん。


まず、見た目は普通の熱い醤油らーめんと同じ。
ところが、スープも麺も具もキンキンに冷えていて、
挙句に、スープを凍らせた、大きな氷まで載っています。
で、しこしこで太めの縮れ麺とスープの相性もばっちり。
チャシューやシナチクもほど良い自己主張をしています。
もちろん、最後の一滴までスープをいただきました。
このスープを飲んでいると、すーと汗がひいて、
おいしんだな、これが=^_^=
今日は一緒にジンジャーエールも頼んだんですが、
心も体もクール&リッチにしてくれる、
ジンジャーエール込みの900円でした。
是非一度ご賞味あれ=^_^=

目指せ「なーるほど」:ソムリエ・田崎真也さん

2008/08/06 WED
かめさんの晩酌は缶ビール350ML1,2本と、
もう少し飲みたいときは近くのスーパーで売っている
999円の赤ワインを数杯。
かめさん、食いしん坊にして飲んべエだけど、
お酒の味には無頓着。
なんで、赤ワインを晩酌で飲んでいる割には、
肉には赤ワイン、魚には白ワインといわれても
今一ピンときませんでした。


ところが昨日の読売新聞でソムリエの田崎真也さんが
「ウナギでいえば、白焼きには白ワイン、かば焼きには赤ワイン」
と書かれていて、「なーるほど」と思わず膝を叩く、かめさん。
かめさんはじめウナギ大好きな日本人に訴えるならこれだ、
と腑に落ちました。
さすが、味覚のプロ。
かめさんの30年来のモヤモヤを
一発で吹き飛ばしてくれました。


かめさんも物書きや講師として、少しでも皆さんに
「なーるほど」と思っていただけるプロを目指します。

モリモリ食べるぞ北京五輪♪

2008/08/05 TUE
昨日は娘が買ってきていた漫画「クッキング・パパ」を
久しぶりに読みました。
いやー、まことが大きくなって、
沖縄で大学生をやっているのにはビックリ!
(知らない人はごめんなさい<(_ _)> )。
でも、クッキング・パパを読むたびに
食べることや作ることの楽しさや喜びを感じるかめさん。


昨日のスポニチにはサッカー五輪代表左サイドバックの
ヤンキー安田が試合会場である天津に
「天津丼」がないことにがっくし来ている小さな記事が。
安田によれば「昔は週4日は天津丼を食べ、
体の80%は天津丼でできている」とのこと。
がはは、やっぱり安田は面白い=^_^=
ちなみにテレビによれば天津甘栗も天津にはないそうです。


そういえば、選手村メニューの試食会が日本で開かれたときには、
味噌汁にだしが入っていないとか、評判は散々でした。
でも、ここにきて水泳の北島も
選手村の食事を絶賛するなど、人気はうなぎ昇り。
四本足のものは食卓以外何でも食べる中国人。
その中国・北京で開かれるオリンピックですから、
日本選手団もいやーなことは忘れて、
クッキング・パパのようにモリモリ食べて活躍してくれるでしょう。


明日はいよいよ、先陣を切って、
女子サッカーなでしこJAPANのニュージーランド戦。
きっと、やってくれるでしょう♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪

BUMBでスタジオ筋トレ

2008/08/04 MON
昨日は3か月ぶりに夢の島にある
BUMB(東京都スポーツ文化館)のスタジオで
ボディパンプというスタジオレッスンに励んだかめさん。
このボディパンプというのは、
バーベルを使ってみんなでやるスタジオ筋トレ、
という感じですか。


で、久しぶりに会ったNさんから
「ブログ毎朝見てますよ。楽しみにしてます」
と言われて、うれしかったかめさん。
別に1円の儲けになる訳じゃないけど、
こういった声は本当はげみになります。
ありがとうございました<(_ _)>


で、ボディパンプの方は3か月ぶりとあって、
以前より2ポイントぐらいウエイトを落とし、
試運転という感じっすね。
ゴールデンウィークに1日5時間フットサルをやって
膝に不安を感じ休んでいたんですが、
なんとか大丈夫かな?
インストラクターの竹ちゃん
(20代イケメン、おばさま方のアイドル)に元気をもらって、
頑張りまっす=^_^=

赤塚不二夫さんの思い出

2008/08/03 SUN
昨日漫画家の赤塚不二夫さんが亡くなりました。
おそ松くん、天才バカボン、もーれつア太郎と
かめさんは正に赤塚不二夫世代。
鉄腕アトムの手塚治虫さんとともに、
かめさん世代を育ててくれた人の一人です。


小学生の頃は50円玉を握りしめて、
毎週近くの本屋さんで少年サンデーを買い、
真っ先におそ松くんを。
でも中学、高校時代は、
巨人の星、明日のジョーの少年マガジンに押されぎみに。
大学生になると、グータラかめさんが出入りする、
高田馬場のフリー雀荘には、
近くにあったフジオプロのアシスタントの人たちが
出入りしていました。
でも彼らによれば当時の赤塚さんは酒浸りで、
実際に漫画を描いているのは、
北見けんいちさんらトップ・アシスタント、とのこと。
かめさんの夢がしぼんだのは言うまでもありません。
今朝の朝刊紙面にある赤塚さんの年譜を見ると、
確かにかめさんの夢がしぼんだ頃を境に、
赤塚さんの作品から輝きが失われていったのが分かります。


そんな赤塚さんを悼む新聞紙上の声の中に
「赤塚さんから寄贈された赤テントを
30年以上使い続けている」という、
状況劇場・唐十郎さんの話が。
実は演劇青年(言うのが恥ずかしい(^^ゞ)
のはしくれだった、かめさん。
状況劇場の李麗仙、根津甚八、大久保鷹らに
熱狂していた時代もありました。
あの赤テントが赤塚不二夫さんからの寄贈だったとは。
驚くとともに、何かの縁を感じながら、
赤塚さんのご冥福を祈るかめさんでした。

甲子園、宣誓辞退って・・・

2008/08/02 SAT
昨日の朝日新聞夕刊に
『夏の甲子園、宣誓「辞退します」21人』の記事。
「えっ、どういうこと」と、とまどうかめさん。
甲子園開会式の選手宣誓はなんだかんだ言っても、
高校球児にとって最高の名誉と、
疑ったこともなかったんすね。
もう一つは、高野連が「辞退」を受け入れるんだ、
という素朴な疑問。
石部金吉、杓子定規、権威主義と
批判されることが多かった高野連が、
そんなもの分かりが良くなっちゃったの?
という違和感。


辞退する理由は、
「試合に集中したい」「苦手」「目立ちたくない」
など様々。
でも、これって、かめさんが大嫌いだった
「ゆとり教育」と通じるような。
大人が子供の顔色ばっかり気にしていてどうすんの?
こんなこったから、
女子大生の就職希望上位に
「キャバクラ」が入ってくるんだぞ、
と八つ当たりするかめさんでした(^^ゞ

かめや家の冷汁甲子園

2008/08/01 FRI
熱い日が続きますが、
読者のみなさんはいかがお過ごしですか。
かめさんも甲羅が干上がらないよう、
水分をたっぷりとっていますが、やはり、
夏はさっぱりしたものが食べたくなっちゃいますよね。
で、かみさんに、6月2日のこのコラムで書いた
冷汁ソーメンを所望、今日のお昼は決まりっ=^_^=
でも、元はといえば、かめさんが作り始めたメニュー、
作るのが結構面倒、すまん、かみさん<(_ _)>


と思っていたら、今朝の読売に
宮崎名物「冷や汁」の紹介が。
もちろんこれは知っていたのですが、
ライバルとして山形や埼玉の冷汁も登場。
埼玉の奴は、うちのかみさんの地元なんで分かるんですが、
「ゴマ汁うどん」(とかみさんは呼んでいます)といって、
太いうどんを甘めの冷汁につけて食す奴。
でもかめさんは宮崎流に
魚をほぐしいれる奴の方が好みなんですけどね。
対するかみさんは、
埼玉流の「ゴマ汁うどん」の方が好きなようで、
去年は宮崎と埼玉が
食卓で対決したこともあったっけ。
うーん、椎名誠の「すすれ!麺の甲子園」風(^^ゞ


でも、かめさんのふるさと秋田のお隣、
山形流は知らないなー。
読売によれば醤油味ですりつぶした大豆(ずんだ?)も
入っているそうで、かなり様子が違う感じですね。
でも興味津々のかめさん。
東京で食べられるところがあったら、
誰か是非教えてくださいナ(@^^)/~~~

メロンと原油で、かめさん反省<(_ _)>

2008/07/31 THU
昨日のMONEY DIARYで、
運賃に占める原油価格が航空機が40%なのに対して鉄道は3%、
よって鉄道株要チェックと書いたら、大変なことが判明。


今朝の日経によると、
メロン販売額に占める重油代の割合は
何と42%(今年5月現在)で、
油食い虫と呼ばれる航空機より高いじゃありませんか、
あちゃー(@_@;)
メロン栽培の適温は23-28度、
冬場はもっと重油代がかさみ、
去年12月は74%にも上ったそうな。。。


てことはこの間の26日、このつれづれ日記に書いた
銀座千疋屋の一万円メロンのうち4千円以上は、
重油を食べているってこと?とほほ。
静岡県は日本一のマスクメロン生産量を誇り、
高級果物店のギフト用として出荷されるものも多い、
とのことで、この一万円メロンも多分静岡産。
最近話題になる食料自給率や
フード・マイレージ(食糧輸入量×輸送距離)からすると、
このメロンも立派な国産。
でも、かめさんの口に入るまでには、
スゲー、エネルギーの無駄遣いが・・・。


いつまでも親バカなかめさんでした、
とか言ってないで、反省します<(_ _)>

 

五輪代表アルゼンチン戦:米国戦の先発、ズバリ予想=^_^=

2008/07/30 WED
昨日の五輪代表アルゼンチン戦、
0-1の敗戦に新聞各紙は揃って「善戦」「惜敗」の見出し。
うん、公約数としてはそうかな、と珍しく冷静なかめさん。
この試合はあくまでも、北京五輪本番の
最後のテストマッチにして、
最大の目的は9日後に迫った北京への準備。
相手は、前回金メダリストにして、
今回も優勝候補筆頭のアルゼンチン。
アルゼンチン側も地理的条件や安全面から
最終スパーリングに日本を選んだんだと思いますが、
日本にしてみれば大敗、完敗による
自信喪失というリスクも心配していたかめさん。
逆に2006年ワールドカップの時のように、
直前のドイツ戦にピークをもってきて、
かつ2-2引き分けと善戦したが故に、
本番で失速という事態も心配・・・(^^ゞ
その点今回は内容、結果ともに本番に向けて
理想的な壮行試合だったと、
ほっとする、かめさんでした。

 

でも、心配なのは米国戦の先発メンバー。
固いのは内田、水本、本田拓、本田圭、香川の5人
+多分決まりの西川くらい。
ヒロがブログhttp://futebol.seesaa.net/
でも書いているとおり、勢いを重視した18人故、
その勢いの見極めが大変。
その点ジーコは楽なもんでしたね=^_^=。


あえて、残り5人をかめさんが選びましょう。
吉田、長友、梶山、谷口、森本でどーだ=^_^=


ま、こんなことを無責任に楽しめるのもサッカー。
仕事さえなかったら、
と心は北京に飛んでいるかめさんでした。

サッカーとメタボとラーメンと

2008/07/29 TUE
大人のサッカー教室のヒロ・コーチいわく、
「おやじがサッカーを始める動機ベストスリーは、
子供が始めた、会社で始めた、メタボ対策」
とのこと。
最後の「メタボ対策」のところで、
みんなの視線がかめさんに(気のせい?)。
いやいや、40年近く、ほぼ見るだけだったサッカーに、
少年のように純粋な気持ちで・・・
誰も聞いちゃいません(^^ゞ


かめさんのお遊びの名刺に印刷してある、
ラーメンとサッカーの似顔絵を見て、
意外とブログにラーメンの話が出てきませんね、
おいしいお店、もっと紹介してくださいよ、との声。
新しい店にもチャレンジんぐー、しているんですが、
「=^_^=」という店しか実名を出しませんので、
なかなかハードルが高いんですよ。
じゃ、もっとチャレンジんぐー、の回数を増やして、
という話もあるんですが、昨日の夕刊フジに、
「ラーメン王竹内伸さん48歳が肝硬変で急死」の記事。


新横浜ラーメン博物館の広報や
夕刊フジで連載もされていたので、
竹内さんに親近感を持っていたかめさん。
10年前から肝硬変を患っていたそうですが、
それでも1日3食ラーメンの生活を続け、
医者を呆れさせた壮絶ラーメン人生だったそうです。


何事もプロは大変。
ラーメン食べ歩きのプロも、
メタボリスクを恐れているようじゃ務まりませんね。
かめさんは、投資同様、サッカーにラーメンに、
リスク分散でいきます=^_^=

五輪代表オーストラリア戦:香川真司のチーム

2008/07/28 MON
三日遅れの便りを乗せて〜♪
と、都はるみさんのあんこ椿は恋の花をバックに、
遅ればせながら先週木曜日の
五輪代表・親善試合オーストラリア戦、書きます、はい(^^ゞ
実は当日夜、サッカー教室に行っていたのに加え、
仕事が忙しくてDVDを見たのが昨日。
オーストラリア戦どうよ?という声が寄せられ、
押っ取り刀で書いてます、すんません<(_ _)>


元気はつらつウッチー始め、
書きたいことは山とある試合でしたが、
今日は香川真司一本で。


ちょうど、1年前、ゼロサカの飲み会で話題は
旋風を巻き起こした直後の
U17日本代表&セレッソ大阪・柿谷曜一郎に。
「そういえば、セレッソに柿谷だけじゃなく、
ちょっと上にもいい選手いるよな、
あいつなんて言ったっけ、思い出せねぇ」
とアルツハイマー状態のかめさん。
その場に20人近くのサッカー野郎がいたんですが、
誰一人思い出せず、やっと、トシどんが携帯ネットで見つけ、
「あっ、香川だ」というと、「あー、香川真司」、
とフルネームで思い出すかめさん、
わが記憶力の低下に涙したっけ(^^ゞ
でも、そんくらい香川真司は地味だったんすね。


その後、セレッソがJ2なこともあり、
かめさんは試合をしばらく見ていませんでしたが、
サカマガの採点は高値安定、
期待が高まる中、フル代表にも選出。
昨日のオーストラリア戦でサカマガや
フル代表岡田監督の目に狂いがなかったことが
見事証明されました、めでたし、めでたし。


チーム合流後日が浅いにも関わらず、
同点ゴールシーンだけでなく、中盤に君臨。
オーストラリア戦の五輪代表は香川真司のチームでした。
まだ19歳の香川は、
ちょうどアトランタ五輪のときの中田ヒデと同じ。
でもアトランタの五輪代表チームは前園のチーム、
当時の中田と現在の香川では、
現在の香川の存在感の方が上です、
オーストラリア戦を見る限り。


まずは明日のアルゼンチン戦、
そして北京の本番が
楽しみでしょうがないかめさんでした。

 

元グータラ学生かめさんが喝!いつ勉強するんだ゛(`ヘ´#)

2008/07/27 SUN
昨日の朝日新聞夕刊に
「朝の講義は新聞読んでから」という記事が。
首都圏の某私立大学の来年4月に開設予定の新学部で、
1限の講義開始時間を10時40分にする、という内容。
新聞を読み、メールをチェックし、朝食もとって、
余裕を持って講義に出てもらいたい、というのが理由。


かめさんは学生時代、
どうしようもないグータラ学生でした。
うちの大学でもっとも卒業しやすい、
学生に優しい(本当は甘い)学部を
やっと5年で卒業しました。
そんな奴が偉そうに、と言われますが、
だからこそ言います。
若いうちは一生懸命勉強しなさいと。


はっきり、言いましょう。
やる気のない学生は1限の講義開始時間を遅らせても
新聞なんか絶対読みませんよ。
これ、かめさんが言うから説得力があります(^^ゞ
早稲田は夜間講義主体の学部を廃止するとのこと。
結局日本の大学生はいつ勉強するんでしょう?


幸い今日の朝刊では、
朝日1面トップが小中学校の夏休み短縮・授業時間増、
読売1面トップが教科書ページ倍増と、
ゆとり教育是正の記事が並び、
少々かめさんをほっとさせてくれます。
大学も少子化で経営難、
学生さんの顔色を窺う必要もあるのでしょう。
でもそんな姿勢は学生に見透かされ、
結局大学自身の首を絞めることになりますよ。

銀座千疋屋の一万円メロン

銀座千疋屋の1万円メロン.jpg

2008/07/26 SAT
今日の写真は下の娘が去年社会人になって以来、
ボーナスをはたいて買うことを夢見ていた
銀座千疋屋の一万円メロン、ついに登場♪
見えてる手は下の娘の手、出し惜しみしています。
甘くて、とってもおいしかったすー、謝謝=^_^=


でも、これって今日のMONEY DIARYと大矛盾(^^ゞ
一応娘にしてみれば自分へのご褒美のほか、
両親への感謝を込めてということで、
読者のみなさんお許しを。
いつまでも親バカなかめさんでした(^^ゞ

 

李忠成と日本人

2008/07/25 FRI
今朝のスポニチ裏1面は珍しくバスケねた。
ロシアの北京五輪代表に米国から帰化した選手が選ばれ、
それも帰化に要した事務処理時間が
たったの10分だったことから、
冷戦時代以来の政治的な確執もあり、
米国内で反発が広がっている、との記事。
サッカーのブラジル選手同様、
日本も含めて世界中にこういった帰化選手がいる米国、
帰化には寛容かと思っていたかめさん、
ちょっと意外でした。


少し前にテレビで、韓国から帰化して
北京五輪・サッカー代表に選ばれた
李忠成選手の特集を見ました。
実は李選手、U18韓国代表候補に選ばれ、
合宿にも参加したのですが落選。
李選手によれば、「自分が一番うまかったのに」とのこと。
続けて「在日だから」と言葉を濁しました。


韓国内では在日朝鮮人の人たちを
「日本でうまく立ち回って金儲けをした人達」
という偏見と妬みが依然根強い、
という話を以前聞いたことがあります。
でも、日本人にとっての在日朝鮮人の人たちは、
異国の人と映ることが多く、
李選手もそのはざまで揺れ動いたであろうことは
想像に難くありません。


李選手はサッカー以外でも、
明るいキャラクターで柏サポに愛されてきたナイス・ガイ。
6月25日のこのコラムで取り上げた
ジェロと同じように日本で愛される李選手。
北京五輪だけじゃなく、
フル代表でも活躍を期待しています。

本音と建前:大分&五輪代表GK西川選手、つい・・・

2008/07/24 THU
Jリーグ大分&北京五輪代表の正ゴールキーパー西川選手が
自分のブログで
「わざとイエローカードをもらった」と書き、
Jリーグから厳重注意を受けちゃいました。
ちと解説すると、Jリーグでは累積4枚イエローカードが
たまると次節は出場停止。
磐田戦の前までに3枚たまっていた西川選手、
次節は五輪代表の試合でJリーグの試合は出られないため、
わざと磐田戦でイエローをもらい、
それまでたまった3枚もチャラにした、
と書いちゃったんですね。
ま−、正直な西川選手♪
以前テレビで、この手の行為を頭脳的プレーと
賞賛する解説者もいたんですけどね(^^ゞ


そういえば、ブッシュ大統領も
公式には「アメリカ経済は健全」と言いながら、
「ウォール街は二日酔い」と言ったのを
携帯ビデオに記録されたり、
福田さんも「サミットのホテルの料理はまずかった」
と言ったのを週刊誌に書かれたり、
いずこの世界も本音と建前はつきもの。


特にネットやデジタル機器がこれだけ発達すると大変ですよね。
西川選手も書き込み後20分で騒ぎになり、
すぐ削除したそうですが、結局、今回の顛末。
かめさんのブログも本音で通していますが、
これだけたくさんの方に読んでいただくと、
何かの拍子で誰かに迷惑をかけないとも限りません。
かめさんより自戒を込めて(^^ゞ

スタンドの風景

2008/07/23 WED
Jリーグも後半戦に入ってますますヒートアップ、
首位鹿島から17位札幌までの勝ち点差が18と団子レース、
最下位18位の千葉以外すべてのチームに
優勝の可能性があるでしょう、とほほ。
昨日のスポニチ裏1面には埼玉スタジアムの浦和戦で、
川崎が逆転ゴールを決めたシーンの写真が。
バックには真っ赤な浦和サポで埋まるスタンド、
憮然、呆然、あーあ、苦笑いのほか
点が入ったんで無邪気に喜んでいるような顔も(^^ゞ
女性サポも4割くらいを占め、小学生の顔もたくさん見える、
日本ではもうごく当たり前となったスタンドの風景。


この写真を見てかめさんが思い出したのは、
ある有名なサッカーフォトジャーナリストの写真。
アルゼンチン代表が相手に得点を許したシーンで、
ゴール裏のスタンドに焦点が合い、
怒り、怒り、怒りに満ちた、男だけのスタンド。
一人、一人の表情がはっきり分かるんですが、
上半身裸で、こぶしを振り上げ、
とてもここでは書けないような言葉を叫ぶ男たち。
間違っても女性や子供はいませんし、
ましてや相手国サポーターなんかいたら
殺されてしまうでしょう(>_<)


残念ながら浦和対川崎の試合では、
浦和サポーターが投げたペットボトルが川崎サポを直撃、
またまた問題になっています。
ピッチの上ではアルゼンチンが横綱クラスだったら、
日本はせいぜい十両。
でも、女性や子供が安心して楽しめるスタンドは日本の誇り。
みんなで守っていきましょうヨ=^_^=

オリンピック予算と岡ちゃんスワップ

2008/07/22 TUE
今朝の日経をぺらぺらめくっていると
「大阪維新プログラムを発表する橋下大阪府知事」
の写真が14面に。
財政再建策が与党からも反発される橋下知事の
四面楚歌がクローズアップされているんですが、
一方、見開きの15面には
「オリンピック強化予算が前回アテネの15億円から
今回北京では25億円に増額」の大きな記事。


うーん、ちょっと待って欲しいな、とかめさん。
これまでも書いてきたように、
かめさんは東京オリンピック招致賛成、
頑張れニッポン♪のお祭り大好き人間。
でも、これらが国の威信をかけて、
とかいわれると急に気持ちがしぼんでしまいます。
ヒットラーのベルリンオリンピック、
ムッソリーニのイタリアワールドカップといった古い話
(もちろんかめさんが生まれる前ですよ(^^ゞ)
だけじゃなく、最近でも国民が飢えているのに、
オリンピックでの金メダル1個に莫大なお金をかける
独裁国家なんか見ていると、
何か日本にも危うさを感じてしまう、かめさん。


スポーツは国の威信の前に、
みんなが自分や、仲間と楽しむためにあると思います。
日経の記事も「官」と「民」のバランスに
スポットを当てていますが、
できるだけ「民」の力を使いましょうよ。
ちと、長くなるのでブログでは書けませんが、
かめさんが考え、FP研究所の
FP向け継続教育セミナーで紹介する、
「岡ちゃんスワップ」なんかはその代表例。
あんまり、「官」にばっかり頼っていると、
あとが怖いですぞ(>_<)

蛸、蛸、蛸♪で、スペイン風酢蛸

2008/07/21 SUN
昨日の読売新聞日曜版の表紙には、
エーゲ海に浮かぶギリシア・コルフ島で、
青い海と空をバックに、
巨大な蛸を岩に叩きつけている海の男の写真。
タイトルが”食べものがたり”ゆえ、
蛸の写真との組み合わせだけで
よだれジュル、ジュル状態のかめさん。
記事を読むと、案の定、
土地名産の蛸を岩に叩きつけることによって、
肉厚の蛸を柔らかくして、
古代ギリシア時代から続く、
おいしく蛸を食べる方法とのこと。


もちろん、記事には蛸料理の紹介が並び、
いずれも菖蒲かかきつばた(意味が違うだろ!)
なんすが、特に夏のギリシア料理
”蛸の酢漬け・クシタード”はたまらん(>_<)
もちろん、想像ですが、ごっくん。


つーのも、かめさんの得意料理の一つだった
(過去形なのが寂しい・・・)スペイン風酢蛸と
よく似ているんですね。
スペイン風酢凧は檀一雄さんの
檀流クッキングに出てくるレシピで、
クシタードと違うのは生トマトと
ゆで卵のミジン切りをたくさんいれるとこ。
他の材料は塩ゆでした蛸の足
(タコヤキに入っているくらいの大きさがグー)・
タマネギ・レモン・ニンニク・パセリ・塩・胡椒・
バルサミコ酢・サラダオイル・オリーブオイルで、
こいつらを適当にがーと混ぜ合わせるだけなんですが、
おいしいですよー♪
野菜はサイの目ぐらい、バルサミコ酢はケチらないで(^^ゞ
レモンの皮をどのくらい残すかによって、
苦味が大きく変わったり、結構奥も深いっす。
ビールにもワインにも合うんすが、
お酒があまりいけないうちの家族にも好評なんで、
ぜひ夏の食卓へ=^_^=

教員採用にも科挙を?

2008/07/20 SUN
今朝のNHKテレビで、きのう実施された
大分県の教員採用試験の試験問題が紹介されていました。
単なる詰め込みや暗記でクリアできないような工夫は
見られるのですが、これで教員としての資質を判定し、
一生を左右するかと思うと物足りなさも。
ましてや不正があったんじゃ・・・フー。


かめさんの考えは二つ。
一つめは、ペーパー試験廃止。
ちょうど今日の読売新聞にあったのですが、
入りにくく出やすいと言われてきた日本の大学、
この変革について、様々な取り組みがされているようです。
とはいえ、OECD諸国平均と比べるとまだまだな様子。
作家の黒木亮さんが何かの雑誌に書いていたのですが、
「日本の企業は大学名やゼミ名で学生を採用するが、
外資系は大学で何をやってきたかとことん聞く」とのこと。
どうも、日本人は肩書や資格、試験、ブランド
といったものに弱いようです。


もう一つは、いっそ中国の科挙のように
滅茶苦茶難しい試験を課すこと。
かめさんは浅田次郎さんの「蒼穹の昴」
という小説で知ったんですが、
何日間も自炊の泊りがけで答案を作り、採点する側も命がけ。
それゆえに合格答案は高く評価され、
詩文として語り継がれるほどだったそうです。
四書五経の暗記なんというのは初歩の初歩の話で、
その上に高い教養が求められたんすね。


いずれも、簡単に実現できる話ではありませんし、
試験制度をいくら良くしても、
採点後に不正があったんじゃどうもなりません。
今朝の朝日新聞には今回のような不正は40年前からあった、
という投書が載っており、かなり根が深そうなこの問題。
見過ごしていたかめさんたちにも責任があります。
教育は国の宝。
しっかり見守っていきたい、と思うかめさんでした。