w杯メンバー、年功序列は期待薄?

2018年6月1日FRI

今朝のスポニチ1面に踊った、
「年功序列」の四字熟語。
いつも記事の見出しに
「ヒネリが足りない」と嘆いている身には、
羨ましくなるキレ味です。
もちろん、
昨日発表されたロシアW杯メンバーに
本田、香川、岡崎のベテランが選出され、
若い井手口、三竿、浅野が外れた
西野JAPANへのきつーい皮肉でした。


最終選考のガーナ戦で
ただ一人ピッチに立った若手の井手口はミスを連発、
スポニチの採点も
2失点に直接の責任があった
キーパー川島に次ぎ低い5.0点。
サブ見出しの
「サプライズなし」という言葉通り、
妥当な選出でしょう。


追い討ちをかけるように
「中心選手は惨敗14年と同じ」で、
期待はしぼんじゃいそうです。


でも待って下さい。
期待薄をわびる
「ごめんね、岡ちゃん」
が流行語になったのはたった8年前、
ベスト16進出を果たした南アW杯でした。


岡田監督に次ぎ
W杯で指揮を取る二人目の日本人、西野監督だって、
マイアミの奇跡と呼ばれるアトランタ五輪ブラジル戦で、
主力の中田ヒデ、城、前園らに酷評されながら
貫いた守備的戦術で
世紀の番狂わせを演じました。


期待が低くかろうが、酷評されようが、
サプライズなしのメンバーが
サプライズを演じてくれると信じる、
かめさんでした。


2018年5月末で19年8か月になるかめさん流、
金・日本株・REIT(不動産投資信託)による運用実績は
恥ずかしながらの年10.35%(手数料税金差引前)、
手数料差引後では年10.17%ですm(_ _)m