「MONEY DIARY」を「つれづれ日記」と一本化のお知らせ

2010年5月1日より、
「MONEY DIARY」を「つれづれ日記」と一本化しました。
これからはマネー情報も「つれづれ日記」で読んでね♪

クリスタルプリントは永遠に

クリスタルプリント3.jpg2010/4/30 FRI
(今日はMONEY DIARYとつれづれ日記の内容が同じです)
いやー、しばらくブログを休んでしまいました。
なんと4月8日以来の更新(^^ゞ
仕事に、引越しに、プライベートにと目の回るような忙しさで
・・・と言い訳、すんませんでした<(_ _)>


当然この間いろんなことがあったけど、
ひとつだけ挙げろ、と言われれば、
5月に結婚する長女の生まれ故郷札幌に
家族4人で旅行したことかな。


27年ぶりに訪れた独身寮も、
長女が生まれた病院も、
住んんでいた家族寮も跡形もなくなくなっていて、
やっぱ形あるものはいつか、
と柄にもなく感傷に浸ったかめさん(^^ゞ
でも・・・


今日の写真は出版記念に友人のTさんから贈られた、
かめさん流スローな投資術を写しこんだ
クリスタルプリントというインテリアグッズ。
いいでしょ=^_^=
今はかめさん家のサイドボードに飾られていますが、
セミナーのときにはかめさん講師のデスクの上に。


ドジなかめさんのことですから、
いつかは割ってしまうかもしれませんが、
Tさんの気持ちは永遠に忘れません=^_^=
ま、かめさんの写真のへたくそさ加減はお許しを(^^ゞ


こんな素敵なクリスタルプリント、
もっときれいに見たい方は
クイックアートのHP
http://www.quick-art.com/
でどうぞ♪


なお、明日からはブログを1本化して、
すべてつれづれ日記で更新するんで、
引き続きご愛読ください=^_^=

 

講師でも「かめさん、あんたも好きネー」(^^ゞ

2010/4/8 THU
(今日はMONEY DIARYとつれづれ日記の内容が同じです)
このブログや”かめさん流スローな投資術”を読んだ人から
「かめさんって、本当、書くのが好きねー」
と半分あきれ気味によく言われる、かめさん(^^ゞ
でも、でも・・・


先月末に久しぶりにやらせていただいた、
ファィナンシャルプランナー向け継続教育セミナーの講師。
受講者の皆さんからのアンケート結果も
全員”良かった”or”大変良かった”と大変好意的<(_ _)>
実は受講生のみなさんとのキャッチボールが楽しくて、
普通なら眠くなりそうな午後の休憩をとり忘れていたことを、
数日後に思いだしたかめさん。
終了時刻が決まっていなかったら、
まだ何時間もしゃべっていたでしょう(^^ゞ
要はしゃべるのも好きなんです。。。


我田引水手前味噌自画自賛のかめさんですが、
おかげさまでしゃべりのお仕事も増えそうです=^_^=
このため、
出張時などをのぞき毎日更新していたこのブログですが、
気の向くまま更新にさせていただきます<(_ _)>


とはいっても好きものかめさん。
書きたいことはいつもてんこ盛りなんで、
これからもよろしくー(@^^)/~~~

GDPより日本茶

2010/4/3 SAT
去年中にGDP世界2位の座を
中国に譲ると思われていた日本。
何とか2位転落は今年に先送りになりましたが、
今朝の朝日新聞”サザエさんを探して”には
GNP世界第二位になった1968年当時の様子が。
一言でいえば”実感なし”だったそうです(^^ゞ


じゃ、3位に転落しても生活が変わるわけじゃなし、
”実感なし”でしょうね。
と言いつつ、
なんか悔しいナーというのが、
かめさんの本音(^^ゞ


でも、今朝の日経に載っていた
外人観光客の
日本で買いたいものランキングを見ると・・・


何と1位は日本茶!
かめさん知らなかった<(_ _)>
2年前は6位だったそうですから、
ジャンプアップ♪
お菓子も8位から4位にアップで、
意外な日本が見直されているんですね。
投資でも、
探せばもっと、見直す日本があるよと
”かめさん流スローな投資術”
では訴えています=^_^=


なお、明日からぶらり一人旅に出かけるので
ブログをお休みします。
8日から再開予定ですのでお楽しみに(@^^)/〜〜〜

第一生命上場は救世主?=^_^=

2010/4/2 FRI
昨日の東京株式市場の話題は何と言っても
第一生命の上場♪
売り出し価格14万円に対して初値が16万円と、
日経平均回復に合わせた上々の滑り出しでした=^_^=


ただ、よく比較される87年のNTT上場と比べると、
なーんか静か(^^ゞ
なぜ???


今は昔、
NTTは日本政府がただ一人の株主だったとさ。
それが上場で70万人の株主が生まれたんじゃが、
@株主になるための抽選
Aお金の払い込み
という2つの関門があったとさ=^_^=


もとい<(_ _)>
このため、証券会社の営業マンは
抽選申し込みのための名義集めに走り回り、
株式払込資金の銀行借入申し込みで
かめさんも結構忙しかったけ(^^ゞ
要はお祭り騒ぎだったんですね=^_^=


これに比べて今回の第一生命株は、
一定の条件を満たした保険契約者に
株が割り当てられる仕組み。
きっと、株主になったという自覚が少ない人も
多いんじゃないかしらん(^^ゞ


そういった人たちも、
株主総会招集通知が届き、
配当も受け取れば、
のんびり、ゆっくり、株主の自覚が出てきそう=^_^=
そんな第一生命の新株主の皆さんが、
明るい兆しの見えはじめた、
日本経済と株式市場の救世主になることを期待する、
かめさんでした♪

私のしごと館は永久に不滅です?(^^ゞ

2010/4/1 THU
今朝の朝日新聞に小さく載っていた
「私のしごと館閉館」の記事。
そういえば、2年前の自民党政権時代、
採算度外視のお役所仕事として随分たたかれたっけ。
建設費581億円を投じた挙句、
集客力はキッザニアの三分の一
毎年生じる赤字10億円を考えれば、
閉館は遅すぎたくらいですが・・・


一方で
昨日の各紙には
「郵貯限度2千万円に引き上げで決着」の記事。
”脱官僚””コンクリートから人へ”の民主党さん
「郵貯限度は500万円に引き下げ」
と以前のマニフェストで言ってましたよね(^^ゞ
郵貯で集めたお金をお役人の裁量で、
また「私のしごと館」のような
コンクリートにつぎ込むおつもりですか?


まあ、郵政票をバックに持つ亀井大臣の選挙は安泰でしょうね。
昨日も記者団から「亀井総理大臣みたいですね」
と皮肉られご機嫌だったそうですから(^^ゞ


でも、そんな選挙のことしか頭にない政権に
付き合わせられるかめさんたちは、
たまったもんじゃありません゛(`ヘ´#)
そして、莫大な借金を背負わせられる、
子供や孫たちの世代は・・・


「私のしごと館」は夏に入札予定だそうですが、
売却や取り壊しはやめ、
愚かな政治家や官僚の記念碑として、
原爆ドームのような永久保存にしませんか?
ノーモア「私のしごと館」です=^_^=

沖縄県座間味村、入村税で村おこし?

2010/3/26 FRI
昨日の日経1面トップは
「破たん懸念の市町村のうち、
沖縄県座間味村(ざまみそん)では入村税を検討」の記事。
2年間で2400万円の税収見込みだそうですが、
たばこ税値上げのように、
観光客が減ってやぶへびにならないか、
ちと心配なかめさん(^^ゞ


それに面白いけど、
日本全国の市町村が同じような税を導入したら?
とか、
住民も村を出て、帰るときにとられるの?
とか余計な心配がつきません(^^ゞ


でも、そういいつつ座間味村のHPをのぞくと、
これが以外や充実!
まあ、青い海と空が売りかな?なんてタカをくくっていたら、
ダイビングなどポピュラーな海のレジャーだけじゃなく、
ホエールウォッチングに、沖縄戦で最初の上陸地になった歴史、
そして島ごはんと呼ぶ郷土料理と盛りだくさん!
特にざまみちゃんぽんがおいしそう=^_^=


もしかしたら、かめさん、
入村税で村おこし戦略にはまったかも(^^ゞ
入村税100円、これなら安い?
沖縄県座間味村でした=^_^=


なお、明日から出張等で、
ブログを3日間お休みさせていただきます<(_ _)>

三菱重工さんも「かめさん流スローな投資術」読んでちょ=^_^=

2010/3/22 MON
今朝の日経1面に
「三菱重工、年金減額、3年ごとに給付見直しへ、
国債への上乗せ幅も減少」の記事。
日経平均が1万円台じゃ、しょうがないか、と思うのは、
まだ「かめさん流スローな投資術」を読んでいない方(^^ゞ
すでに読んだ方は
”国債への上乗せ幅も減少”
=挑戦者へのごほうび減少
なんで、皆さんのためにも、日本経済のためにも、そりゃ良くないよ、
とご理解いただけたかと思います=^_^=


記事によれば、三菱重工の年金利率は
現在、10年国債利回りに1.3%を上乗せしているけど、
この上乗せ幅を1.0%に減らすそうです。
つまり、その分日本株などリスクかある資産への投資が減って、
国債などが増えるはず。
でも、国債を増やしても、これまで政府がやってきたことは、
無駄な道路や空港を造ることばかり。
株などリスクがある資産への投資が、
歴史上、資本主義を発展させてきたし、
きちんとかめさん流でリスクをコントロールしながら投資すれば、
皆さんも、日本経済もハッピーですゾ、
というのが「かめさん流スローな投資術」の中身=^_^=


三菱重工の年金担当のみなさんも是非
「かめさん流スローな投資術」読んでちょ=^_^=

韓国の桜は八分咲き?

2010/3/21 SUN
東京は昨日からの強風で、
かめさんが利用する京葉線も朝から運休。
で、かみさんを東京駅へ送りながら
心配になったのが常盤橋公園で咲いていた桜。
種類が違うんでしょうが、
他の桜がまだつぼみの頃から花をつけていたんで、
強風で散ってしまわないか・・・
と、らしくない心配をするかめさん(^^ゞ


でも仕事柄、ある中国人エコノミストの方が最近
「日本経済の桜は散り始め、
中国は5分咲き、韓国は今が満開」
と例えていたのも思い出しちゃました(^^ゞ


一方、昨日の日経夕刊には
「韓国のサムスン電子が
グアテマラやアンゴラ、スーダンなど、
エレクトロニクス市場としては
未開拓の地域に赴任する社員を
社内公募により選出し始めた」との記事。
かめさんが銀行で貿易の仕事を覚え始めた1986年当時、
既に日本の若者は海外赴任、
特に発展途上国行きは敬遠する空気が出始めていました。
でも、日経によれば今の韓国では
BRICsどころかアフリカなど未開の地域に
飛びこんでゆくことをいとわない若者が多い、
とのこと。


うーん、じゃ時間軸で考えると、
韓国の桜満開はまだ先?
とうらやましい、かめさんでした(^^ゞ

サイン筆おろし@かめさん流スローな投資術

2010/3/20 SUN
(今日はMONEY DIARYとつれづれ日記の内容が同じです)
昨日は東京銀行外為研修時代の恩師や仲間が
新丸ビルのてんぷら屋さんで出版のお祝いをしてくれました。
福井や山梨、神奈川と遠いところから駆けつけてくれたのに、
唯一都民のかめさんが遅刻、<(_ _)>でした


最後にかめさん流スローな投資術にサインを、といわれ
「練習していないヨ」とうろたえる、かめさん(^^ゞ
実は書体はプロにお願いして準備はしたんですが、
プロのアドバイスによれば、練習しなきゃ使えない、とのこと。
それでも遅刻した負い目もあり、昔仕事で使った英文サインで
筆おろし(^^ゞ


トップバッターのMさんへのサインでは、
本の最後の方にサインしようとして
「いやん、そこは違うワ」と言われ、
あわてて最初の方にサイン初体験(^^ゞ


で、Mさんの名前を書こうとして、○屋か○谷か迷い、
昔年賀状のあて名を間違えていた旧悪もばれちゃいました(^^ゞ


最後はYさんに「これにも」と言われ、
”Yさんへ”
と書き終えてほっとしたのもつかの間、
「これTさんの本だよ」でゲゲゲのゲ(^^ゞ


てんやわんやのサイン筆おろしで、
再び<(_ _)><(_ _)>のかめさん、
猛練習しておきまーす(^^ゞ

肉食系亀井静香、夢まで食いつくす(^^ゞ

2010/3/18 THU
「亀井静香大いに吠える」
いかにも肉食系を思わせる中吊り広告に、
朝からユーウツな、
草食系の私、かめさんです(^^ゞ
この間も女性占い師の
「鳩山さんの次は亀井静香」
のご宣託を聞いて勘弁してよ、モーでした(>_<)


例えば昨日の朝日新聞朝刊に載っていた
「”不良債権”の名前変えたい」発言。
”不良”という言葉は銀行から見た差別用語なんで、
再生支援債権とか見守り債権にしよう、だって(^^ゞ
”再生支援債権”はともかく
”見守り債権”って何よ?
亀井モラトリアムに続いて、
「借りたお金は返さなくていいの?」
という子供の質問に、
ますます答えられなくなっちゃいます(^^ゞ


”不良債権”は、銀行にとって不良なだけじゃなく、
日本経済全体にとっても不良なんですよ。
銀行が不良債権を”見守って”いる間、
その分のお金は新しい貸し出しに回らなくなります。
なんで、本当にお金が必要なところが倒産したり、
将来有望な事業の芽が摘まれることになりかねませんよネ?


亀井モラトリアム=金融円滑化法で、
この方が日本の将来より、
自分の選挙しか考えていないことは十分理解しています。
でも、いくら肉食だからって、
日本の若者の夢まで食いつくすことはやめてもらえませんか?
切にお願いする、草食系かめさんでした<(_ _)>

竹鶴12年で料理も輸出も=^_^=

2010/3/16 TUE
この間かめさんの誕生会&出版お祝いで家族揃って行った、
銀座の鉄板焼天。
行列ができる人気も納得の味とサービスに家族4人随喜の涙(^^ゞ
でもそんな料理を引き立ててくれたのが
ニッカ竹鶴12年のハイボール(ソーダ割)。
別に宣伝しているわけじゃないけど、
巷のハイボール人気に便乗して、
30年ぶりくらいにハイボールをいってみました=^_^=


社会人になりたての頃はウイスキーを飲む機会が今より格段に多く、
2軒目でカラオケを歌いながら、
ボトルキープしているサントリーのオールドを水割りで、
というのがお決まりのコース。
ヘタクソな歌で疲れたノドを潤すにはいいけど、
だったら、水の方がいいでしょ=^_^=
そう、ウィスキーの味なんかどうでもいい・・・(^^ゞ


でも鉄板焼天で頂いた竹鶴12年のハイボールは、
まず芳醇な香りで、かめさん桃源郷=^_^=
舌に優しくからまるモルトの味も、
次々に運ばれてくる、フォアグラやアワビ、白子といった
濃厚な滋味を一層引き立ててくれ、幸せー=^_^=


ほしたら、今日の朝日朝刊に
「ウィスキーの売上伸び率2ケタ」の記事。
1983年をピークに減少を続けていたウィスキーの売上ですが、
その間も国産ウィスキーは技術を磨き、
国際的な品評会で最高クラスの評価を得るようになったそうです。
国内ではハイボール人気も追い風になりましたが、
輸出も好調というからビックリ♪
日本らしい職人技をこれからも楽しみたい、
かめさんでした=^_^=

うれし、恥ずかし「かめさん流 スローな投資術」(^^ゞ

2010/3/15 MON
(今日はMONEY DIARYとつれづれ日記の内容が同じです)
11日に一部都心書店に
「かめさん流 スローな投資術」が置かれ始めて以来、
「5冊ネットで買った」「10冊注文するよ」といった友人や、
店頭の様子を写メで送ってくれる友人までいて、
本当にありがたいことです<(_ _)>


かめさんも11日夜、
八重洲ブックセンターにかみさんと行ってみたんですが、
検索端末で探すと、在庫僅少で、
やっと1冊、ひっそり本棚の一番下の段にあるのをかみさん発見、
「ありゃ・・・」
とちょっぴりがっかりした、かめさん(^^ゞ
ところが昨日行ってみると、
2階売場にドーンと平積み+1冊がどーだ!という感じで
高く展示されているじゃないですか、うれしー=^_^=


また、上の娘からのメールで丸の内OAZOの丸善本店に行ってみると、
1階正面から入って、壁際の棚や平積みを見てもないので、
かみさんは奥の方を探しに。
ほしたら、そんなところじゃなくて、
入り口正面、銀座・鳩居堂前のような一等地に
平積みされているではないですか=^_^=
そのほかにも昨日見てきただけでも、
新宿ブック・ファーストや有楽町三省堂でもド、ドーンと=^_^=
うれしいを通り越して、少々恥ずかしくなってきた、かめさん(^^ゞ
そしたら、今日の日経朝刊2面には広告まで・・・


かめさんにはもったいないくらい、
各書店さんや東洋経済さんが力を入れてくださって、
本当ありがたいことです<(_ _)>
ただし、中身は皆さんの期待を裏切らない自信がありますので、
よろしくネ=^_^=

粉飾決算の責任

2010/3/13 SAT
今日の朝刊各紙に載っていた
「大学内定率2000年以来最低の80%」の記事。
読売によれば
「求人がないわけではなく、安定志向が強まり、
中小企業を敬遠する傾向」だそうです。
派遣村も緊急避難で必要だけど、
やっぱり雇う側に体力をつけさせなきゃ、と思うかめさん。


その点、昨日鳩山さんが自民・舛添さんの質問に答える形で
法人税下げに意欲を見せ、
消費税の福祉目的税化に言及したのは
とても評価するかめさん=^_^=
でも・・・


ビクター前社長らが粉飾決算で
親会社ケンウッドの取締役を辞任したニュース。
一般の人は、
決算や経理というのは経理部の人がやっている、
と考えますよね。
確かに毎日の伝票やお金勘定は経理の人がやっています。
でも、最終的な利益や、
場合によっては赤字黒字も社長の胸先三寸で決まっちゃうことが、
結構あるんですね。
「えー、そんな」という声が聞こえそうですが、
決算の仕方次第では、法律上許されるんですよ、これが(^^ゞ
でもそれゆえに社長の責任も重大!
なんで、粉飾決算=辞任というのは、民間の常識なんです=^_^=


この常識、どう思います?
鳩山さん、小沢さん(^^ゞ

「かめさん流 スローな投資術」タイトル書体一つとっても=^_^=

2010/3/12 FRI
(今日はMONEY DIARYとつれづれ日記の内容が同じです)
昨日夕方から都心の書店に並び始めた
「かめさん流 スローな投資術」、
本の外観をトップページにアップしてみました=^_^=


最初は自分のデジカメで撮影してみようかと思ったんですが、
今一不安なので、東洋経済のK部長さんにお願いした
プロの写真をアップしました。
やっぱ構図の使い方からして、
プロの写真は違うと感心したかめさん=^_^=


この写真に限らず「かめさん流 スローな投資術」、
たくさんのプロの人たちの技で出来上がっています。
例えばタイトルのフォント、書体。
校正作業中にK部長さんからカバーデザイン案を3つ見せていただき、
「直感でどれが良いですか」と聞かれたかめさん、
もっと丸っこい書体のデザインを選びました。
家族3人の意見も同じ、東洋経済の出版局の意見も若い女性を中心に
丸っこい書体への支持が多かったようです。
ところが・・・


数日後、K部長さんから
「カバーデザインの先生(装丁家)の強い主張で
角っぽい書体に決まりました」
と告げられた、かめさん。
理由を尋ねると、装丁家の先生曰く
「確かにこの本はタイトルや読みやすさ、楽しさなどから
丸っこい書体が似合うかもしれません。
でもそれでは、この本の”すごさ”が伝わりません」
とのこと。、
東洋経済の出版局のみなさんもなるほど、
と大いに納得したそうです=^_^=


たくさんのプロの手を経てみなさんの手元に届く
「かめさん流 スローな投資術」。
何が”すごい”のか、是非確かめてみてください=^_^=

「かめさん流 スローな投資術」と天気予報

2010/3/10 WED
(出張のため前日に更新しました&
今日はMONEY DIARYとつれづれ日記の内容が同じです)
先週の朝日新聞夕刊に
「天気予報 はずしたら処罰」
の見出し。
実は「かめさん流 スローな投資術」
には天気予報のお話がたびたび出てきます。
なもんで、この新聞見出しが気になるかめさん(^^ゞ


読むと、バンクーバー五輪のメダルが少ない、
というんでスッタモンダしていたロシア、今度は天気予報です(^^ゞ
天気予報の誤りから洪水対策が不十分だったと非難を浴びた
災害対策所管の大臣が
「予報が間違ったら罰金などの処罰を」と提案
気象庁長官が「100万年後も無理」
と猛反発した、というお話(^^ゞ
いやー、メダルといい、天気予報といい、ロシアの大臣は大変=^_^=


日本でもこんなことになったら、
良純さんやお天気おねえさんたちが大変でしょうネ。
でも、資産運用の世界でも
「予想がはずれたら、どうしてくれるんだ」
という人がまだいることも事実(^^ゞ
かめさんがそう言われたらどうするの?
答えは
「かめさん流 スローな投資術」
でどうぞ=^_^=

プーチンもかめさん流も費用対効果にはうるさいゾ=^_^=

2010/3/7 SUN
バンクーバーで金メダルを3個もとったのに、
成績不振でスポーツ大臣がやめる、辞めないで大騒ぎのロシア。
ついにプーチン首相が
「五輪費用は無駄使いだった」
とポロリ本音(^^ゞ
今朝の日経によれば
「バンクーバーは前回トリノの5倍の予算を使ったのに」
金メダルが、8個から激減、
要は費用対効果というお話ですね(^^ゞ


さすが実務家のプーチン首相ですが、
かめさんも費用対効果にはうるさいゾ=^_^=


同じく今朝の日経3面に
「BRICs投信に2兆円の資金流入、09年度は公募投信の5割を占めた」
との記事。
リーマンショックで先進国株式より大きく下落したBRICs、
ブラジル、ロシア、インド、中国などの新興国株式。
でも世界経済の回復をけん引して、これらの株式市場も急回復、
落ち込みが大きかった分上昇も大きく、
人気になっているんですね。


でも、さすが日経さんよくわかっていて、
その隣に
「投信の平均信託報酬率が6年連続上昇」
の記事。
つまり信託報酬が高い新興国向け投信が増えたんで
管理手数料にあたる信託報酬の平均も上昇しているんです。
高い報酬に見合うリターンが得られるか、
言いかえれば費用対効果を考えましょうね、
と日経さんは教えてくれているわけです。


プーチン首相と同じく費用対効果にうるさい
かめさんはどうよ?
それは
「かめさん流 スローな投資術」
を読んでのお楽しみ、
でした=^_^=

「かめさん流 スローな投資術」参考文献・資料をチラ見(^^ゞ

2010/3/6 SAT
(今日はMONEY DIARYとつれづれ日記の内容が同じです)
昨日のブログで
「かめさん流 スローな投資術」
は実用本にして教養書、そして娯楽本、
と偉そうに書いた、かめさん(^^ゞ
「本当?」という声が聞こえそうなので、
参考文献・資料をチラ見してみましょう=^_^=


ケインズ著、塩野谷祐一訳「雇用・利子および貨幣の一般理論」
貝塚啓明監修,「パーソナルファイナンス研究」
室淳子・石村貞夫共著,「平均・分散・標準偏差」
おっとっと、俺買うのやーめた、という人が続出しそう(^^ゞ
でも、御安心を、
かめさん本を読めば、
こういった本が小学1年生みたいにやさしく感じます=^_^=


そして、
松元崇,「大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清」
村山貢司,「降水確率50%は五分五分か」
井上兼行,「プロゴルファー 石川遼」
うーん、何の本か分からなくなってきたでしょ?


そして極めつけは、参考にしたDVD
20世紀フォックス,「007ゴールドフィンガー」
20世紀フォックス,「ウォール街」
20世紀フォックス,「タイタニック」
角川映画,「麻雀放浪記」
フジテレビ,「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」
たはは、全部本当だよーん=^_^=


何はともあれ、3月11日は書店に行くべし!=^_^=


 

「かめさん流 スローな投資術」は実用本にして教養書、そして娯楽本=^_^=

2010/3/5 FRI
(今日はMONEY DIARYとつれづれ日記の内容が同じです)
友達に
「今度かめさん本を出すんだよ」と話すと、
必ず
「どんな本?」
と聞かれます。


で、タイトルは「かめさん流 スローな投資術」だよ、と話すと、
「あっ、投資のハウ・ツー本ね」と理解してくれます。
もちろん、表紙にはにぎにぎしく
”かめさんの11年間の利回り実績は年8%超”
とうたっていますし
裏を見れば
”かめさん、日本を買う。”と銘打って、
日本株ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)、金投資の
ノウハウを書いているんだな、
と分かりる仕組みになっています。
なので、この本はまず第一に実用書です=^_^=


でも、老後資金を投資で、と考えている
リタイア世代や忙しい現役世代だけを
対象にしているわけではないんですよ(^^ゞ
リスクと上手に付き合いたいみなさん、
つまり、投資には興味がなくても、
人生楽しく、穏やかに過ごしたいな、
と考えているのみなさんすべてが対象なのです=^_^=


なので、「かめさん流 スローな投資術」は
実用本にして教養書、そして娯楽本になっているのです=^_^=
そのココロは・・・
明日以降のお楽しみ!=^_^=

官頼みリスク

2010/2/28 SUN
最近、新聞などでよく目にする、
”官需”という言葉。
予算次第とか、事業仕分けが読めないとか、
否定的な意味で使われることが多いようですね(^^ゞ


一方”民需”の方は、
雇用問題、少子高齢化、消費低迷とマイナス要因も多いんですが
中国、インドの新興国景気で底を打ったかな?
というのが、かめさんの実感=^_^=


そして官頼みでやってきた業界でも、
元気な会社ほど民への脱皮が進んでいるようです。
そろそろ、リーマンショック後の緊急手術、入院期間は終わった、
と思うかめさん。
いつまでも官頼みでいるのは、
世界経済の成長に遅れをとることになる、リスク要因です。


なにせ官頼みでは、
民主党次第でいつバラマキがなくなるか戦々恐々(^^ゞ
バラマキの配分も小沢幹事長のさじ加減一つで決まる
摩訶不思議(^^ゞ
まあ、うまいこと秘書に献金すればいいんでしょうけど、
税金→バラマキ→企業→小沢幹事長の(秘書の)懐、
というお金の流れで
水源地となっている、かめさんたち国民こそいい面の皮゛(`ヘ´#)


官頼みの企業も、官頼みの日本も、
リスクが一杯、
なのでした(^^ゞ

豊田章男社長の顔

2010/2/26 FRI
今日はいよいよ、バンクーバー五輪のハイライト、
というべき女子フィギュア・フリースタイル。
ショート・プログラムで
2位の浅田真央選手、
4位の安藤美姫選手のプレッシャーたるや・・・
ま、凡人かめさんがいくら想像しても、こりゃ無理ですね(^^ゞ


でも、それ以上にプレッシャーが大きかったろう、
と思うのがリコール問題で米国議会の公聴会に出席した、
トヨタの豊田章男社長。
何せアメリカだけで20万人の従業員、販売会社社員の
生活がかかっています。
日本でも、名古屋の元気の無さを聞いて、
心配していた、かめさん。


まず
「すべてのトヨタ車には私の名前がついている」
と豊田章男社長が語ったシーン。
フォードも同族経営とはいえ、
世襲経営を米国民がどう思うか、
ちょっと、かめさん心配になりました(^^ゞ
でもむしろ
「責任の重さを強調することに成功した」
との読売新聞解説を読んで一安心のかめさん=^_^=


同じく読売新聞で佐々木淳行・元内閣安全保障室長が
「みずからテストドライバーになることもある」
と強調したのもよかった、
と書いていますが、全く同感です。
アメリカ人からみると、集団になると行動力があるけど、
一人一人の顔が見えない、とよく言われる日本人。
その点豊田章男社長の顔は典型的な日本人顔(^^ゞですが、
創業家の顔に加えてテストドライバーの顔も持つ、
というのはアメリカ人にとっても、
相当なインパクトだったはず。
社内や日本国内の求心力も含めて
豊田家への大政奉還はとりあえず吉と出た、
と評価する、かめさんでした=^_^=


 

債務超過にあらず日本政府のBS(バランス・シート、貸借対照表)

2010/2/22 MON
今朝の日経1面左肩に「政府部門初の債務超過に」
の記事。
日本政府の借金(負債)が財産(資産)を上回り
民間でいえば破産状態(債務超過)になった、
ということですね。


ただし、このBS(バランス・シート、貸借対照表)には、
とっても大きな財産(資産)が載っていません。
さて、何でしょう?


正解は政府が国民から税金をとる権利、徴税権です=^_^=
会計用語で未収金、といってもいいでしょう。


でもこの徴税権、今揺らいでいます。
一つは税金をとろうにも、日本の経済力↓で
国民が「無い袖は振れない」と言い始めていること(^^ゞ


もう一つは政治とカネ問題で国民が
「バカらしくて税金なんか払ってられるか」
と怒っていること。
そりゃ、ばれたからしぶしぶ払った贈与税6億円に、
延滞税や重加算税も払わずにいる人に納税を命令されても、
やってられませんよね゛(`ヘ´#)
よく確定申告で暴動が起きないもんだ感心するかめさん(^^ゞ


この徴税権がBSに載っていないのは、
金額にするといくらになるか分からないから、
とも言えます。
なぜ分からないのか?
それは、元々国家権力の象徴でもある徴税権、
いざとなれば国が力づくでいくらでも
持っていけるからです(^^ゞ
「へっへっ、いくらBS上は債務超過になっても
最後は徴税権があるさ」
なんて、まさか思ってないですよね、
鳩山さん、小沢さん?(^^ゞ

少子化は本当にハンデ?

2010/2/21 SUN
昨日の日経夕刊によれば
「独高級車、米で販売復調。ベンツ前月比40%増、アウディ3カ月連続増」
だそうです。
そういえば、アメリカは公定歩合も上げるそうですし、
リーマンショックという大病からそろそろ床上げですかね=^_^=


もちろん、お隣の中国は春節(旧正月)景気も手伝って、
世界中にお金をばらまいてくれます。
「中国ビジネスはどう?」は今や日本産業界の合言葉。
一方悪い材料は「公共投資減」「民主党リスク」「デフレ」
そして「少子化」(^^ゞ


でも、つい30年前までは中国の一人っ子政策に代表されるように
「人口増=食料危機=悪」だったはず。
いつの間に(^^ゞ
逆に、一人当たりGDPの上位には
人口の少ない国が並んでいますしね=^_^=


ジャンプの葛西選手が見事8位入賞を決めましたが、
最近低迷が続いている日の丸飛行隊。
身長でスキーの長さ制限ルール導入が日本人に不利、
とかめさんは聞いてきました。
ところが、金メダルのスイス・アマン選手は172cm、
銀メダルの選手は169cmと日本人並み(^^ゞ
少子化も身長と同じように克服できないかしらん?
と、いつものように楽観的な、
かめさんでした=^_^=

日航上場廃止であなたはギャンブラー派?サポーター派?

2010/2/20 SAT
昨日で上場廃止、
つまり証券取引所での売買ができなくなった日航株。
朝刊各紙がこのニュースを伝えていますが、
読売新聞に対照的なニュースが二つ。


39面には「早大OB相場操縦初公判」の記事。
被告たちは不正な株取引で大もうけ、
キャバクラで1日500万円、
ラスベガスでルーレットに1回800万円を使っていたそうな(^^ゞ
うらやましい、と思っているそこのお父さん、
悪いことをして儲けても、
お天道様はちゃんと見てますよ=^_^=
でも一攫千金の夢を見るのも、株式投資の魅力=^_^=


一方37面には
日航の更生法申請が濃厚になった先月14日、
日航株1万株を11万5千円で買った大阪の女性の記事。
この女性、
50年前、祖母が日航機に乗った時に
日航職員に受けた親切への恩返しで、
紙屑になるのを承知で、日航株を買ったそうです。
キャバクラで1日500万円の早大OBがギャンブラー派なら
こちらの女性はサポーター派ですね=^_^=


別にかめさん、悪いことをしていない限り、
ギャンブラー派=悪、というつもりはありません(^^ゞ
でも4月の家族旅行の予約で、
家族がわざわざ日航を予約した、
と聞いてうれしかった、かめさんです=^_^=

投信、あわてる乞食はもらいが少ない=^_^=

2010/2/17 WED
昨日の日経夕刊1面トップ
「投信”乗り換え”活発に」の記事を見て
「ありゃま、20年前に逆戻りだ」
と驚くかめさん(^^ゞ


20年前の1990年と言えば、
前年末12月29日の大納会に
日経平均が現在の4倍近くに当たる史上最高値38,915円を付けた直後で
年間40%近く急落した年。
要はリーマンショックと同じような状況だったんですね。


当時も株価急落で損を抱える投資家が
証券会社の「回転売買」推奨に乗せられ、
短期間に投信の解約、購入を繰り返し、
笑うのは証券会社ばかり也、でした=^_^=
当時もこの「回転売買」が結局投資家離れを引き起こした、
という反省で、自粛したはずなんですけどね・・・(^^ゞ
日本の投資家の皆さん、あんまり勉強してないようです(;_;)


じゃ、どうすりゃいいのさ?
の答えは3月に出るかめさん本に、きちんと書いています=^_^=
よく友達に
「お前のブログ面白いけど、何の役にもたたない」
といわれるかめさん(^^ゞ
そのとおりです<(_ _)>
でも、本は役に立ちますよ=^_^=

そろそろ一人当たりGDP

2010/2/16 TUE
去年暮れ、タクシーに乗って
「千石町の東洋経済までお願いします」とかめさん。
千石町は間違いで、本石町なんですが、
「あっ、あの辺は千石町というんですか」
と気のよさそうな運転手さん。
続けて
「本郷のあたりにも千石という地名ありますよね」
というんで、かめさん
「あー、あの辺おいしいラーメン屋さん多いんだよねー」
と自分の間違いにも気付かずにとんちんかんな答え(^^ゞ


その後、運転手さんと中国経済の話になり
「中国の主席、江沢民じゃなくて・・・」というかめさんに
「あっ、胡錦濤ね」と運転手さん(^^ゞ
自分の物忘れに内心動揺しつつ、かめさん
「ちょうど今頃中国のGDPが日本を抜いて
世界2位になっているかもしれませんね」
「でも一人当たりGDPはまだ中国は日本の10分の1」
などと偉そうに講釈をたれ続けました(^^ゞ


昨日の夕刊に一斉に載ったGDPの速報値。
日本が2位を守った記事を読んで、
あの気のいい運転手さんを思い出した、かめさん=^_^=
きっと
「本石町も胡錦濤も分からないくせに、
GDPも中国に抜かれるなんて、ほら吹きやがって」
・・・すみません<(_ _)>


でも、一人当たりGDPの話は本当ですよ(^^ゞ
トップはルクセンブルグなんですが、
バブル期は世界トップクラスだった日本の一人当たりGDPも
現在イタリアとスペインの間に位置する世界19位。
少子高齢化で国全体のGDPが中国に抜かれるのは確実で
インドに抜かれるの日もそう遠くないでしょう。
でも、上位には福祉が発達したヨーロッパの国々が多く並ぶ一人当たりGDP。
コンクリートから人へを目指す民主党さんなら、
指標とすべきはそろそろ一人当たりGDP、
と思う、かめさんでした=^_^=

ゴン中山、トヨタを諭す=^_^=

2010/2/10 WED
テレビに映るバンクーバー冬季五輪やチビまる子ちゃんの大雪像、
もう30年以上も現地で見ていませんが、札幌雪まつりにはいつも夢が。
本物を見てがっかりする名所No1と言われる時計台とは正反対に、
本物はテレビ以上の迫力の雪まつり。
今年のかめさんのお目当ては、
今季磐田からコンサドーレ札幌に移籍した、ゴン中山の雪像・・・
残念ながら、ないようですね(;_;)


フジテレビさんが”踊る大四連戦”とあおっている日本代表戦も、
1,2戦目はともに観客動員2万人台と、
真冬&平日&ナイトゲームのハンデを割り引いても
ちとさびしい最近のサッカー人気。
これじゃゴン中山雪像がなくてもしゃーないか(^^ゞ


でも、今朝の日経・フットボールの熱源で
かめさんが敬愛してやまない吉田誠一さんが
「札幌に移籍した中山が熊本に教えてくれたこと」と題して
サッカークラブにとって何が大切か、を書いています。


好年俸を提示したロアッソ熊本を蹴って札幌に入団したゴン中山。
決め手は札幌の医療体制の充実でした。
実は医療体制どころか自前のクラブハウスも練習場も持たない熊本。
自分たちに足りないものをゴン中山に教えられ、
現在専用練習場確保に動き出したそうです。


幻想的なファンタジーを奏でる大雪像。
でも足元はツルツルのことも多く、
一歩一歩踏みしめて歩かなければ。。。
そんなことをトヨタにも教えてくれた、ゴン中山・・・
ちょっと強引にまとめてみた、かめさんでした(^^ゞ

キリン・サントリー破談に日経さんムシが良すぎませんか?(^^ゞ

2010/2/9 TUE
昨日報じられたキリン・サントリーの経営統合破たんにチト複雑なかめさん。
というのも去年7月14日、日経さんのスクープ翌日に、このコラムで
「キリントリー、ほんまに大丈夫?(^^ゞ」として、
統合は無理でしょ、と書いたかめさん。
一方、青いバラや46年かけてのビール事業黒字化など
佐治社長の経営手腕を高く評価していただけに、
統合が成功してほしい、という思いも持ち続けていました(^^ゞ


でも昨日の破談を報じる日経さんの記事の中に
「”サントリー創業家の位置付けという
”初歩的”な課題をクリアできなかった”」
という分析を読んで
「この記事書いた人は所詮サラリーマン、経営者は理解できない」
と確信しました=^_^=


サントリー創業家の位置付けは”初歩的”な課題ではなく、
本質的、根源的な問題です。
企業という組織を動かすのはお金や技術以前にまず、人。
分かってねーな、日経さん(^^ゞ


スクープ以来、両社の統合をはやしてきた日経さん。
責任はサントリー創業家のわがままにある、
と言わんばかりです(^^ゞ
でも、”初歩的”な課題をクリアする前に、
スクープしちゃったことも破談の一因じゃないですか?
日経さんの一方的批難はムシが良すぎると思う、
かめさんでした=^_^=

ジャンピング・ジャック・フラッシュでトヨタ・リコールを考えたゾ=^_^=

2010/2/8 MON
ジャン、ジャンジャーン、ジャジャジャジャーン♪
とフジめざましテレビで鳴り響く
ローリングストーンズの名曲ジャンピング・ジャック・フラッシュ。
かめさんたちオヤジ世代には涙がチョチョ切れるほど、
しびれます=^_^=
でもこれが「大人の科学」という雑誌付録3,675円也の
ミニ・エレキギターで奏でた音色なのですゾ !


もちろん、直前に演奏した本物の音色にはかないませんが、
今こういった雑誌付録が大人気とのこと。
フェラーリ、鉄道ジオラマ、歴史物などなど。
姫路城などは毎週雑誌を買って2年以上かけて完成、
雑誌代トータルは11万円以上!
手ボケで小さいころは「少年」や「少年画報」といった雑誌の付録を
ロクに組み立てられなかったかめさん(^^ゞ
でも、物そのものの価値よりも、
そういった付録を組み立てる楽しみを買う気持ちは、
よーく理解できます=^_^=


一方、世界を揺るがすトヨタ・リコール問題。
乗って、走って、止まれば良いだけならインド・タタ自動車のナノは22万円。
車のユーザーも付録を買う人も
今や求めているのは性能といったハード以上に夢やサービスといったソフト。
起きてしまったことは仕方ありません。
つい半世紀前、日本製品は「安かろう悪かろう」の代名詞でした(^^ゞ
それを世界一のモノ作り大国に発展させたのは、モノ作りへのこだわりとともに、
品質管理やアフターサービスといったソフト、いわばユーザーとの信頼関係。


ここで、トヨタがリコールでユーザーの信頼をつなぎ止めることができるか。
モノ作り大国日本の将来を左右するだけに、
世界がかたずをのんで注目しています。
がんばれ、トヨタ!\(^o^)/

大国の興亡と”マンモス”うれピー

2010/2/1 MON
昨日の読売コボちゃんは
大企業に就職が決まった若い男性が
「”マンモス”企業だけに絶滅が心配」
というオチでした=^_^=


トヨタは米国でのリコールで業績への影響が心配されていますが、
「兵站(へいたん)線が伸びすぎたのが原因」と幹部が言っています。
つまり、前線に兵士や食料、水を送る兵站線は戦争の雌雄を決します。
同じようにトヨタは世界規模で車を作り、売るため、
カンバン方式による製造管理が世界中の前線まで行き渡らなかった、
という自戒ですね。


同じようなことを書いていたのが昔読んだ、
ポール・ケネディ著「大国の興亡」。
歴史上の覇権国は例外なく、前線が拡大した結果、
軍事費の膨張で衰退した、と説いた本です。


ついでに言えば、日航も
”日本大使館があるところに鶴のマークあり”
の官民一体となった号令が更生法適用の大きな原因(^^ゞ
にもかかわらず今朝の日経によれば、
「国産小型ジェット機MRJ、日航に導入検討促す、政府調整」
だって(^^ゞ
”小型”はいいんですが、いつか来た道じゃ・・・


去年世間を騒がせた酒井法子の決め台詞(?)も
”マンモス”うれピー(^^ゞ
大きいことはいいことだ、の時代は
とっくに終わったのですぞ、皆の衆=^_^=