コロナ、コロナ、コロナ

2020年4月5日SUN

タイトルでも分かるように、
言いたいことがあり過ぎて、
何から書こうか迷っている、かめさん。
ただいかんせん、無芸大食の放言居士。
何を書いても他人様に役立てることはないと知りつつ、
せめてもの思いでやっている事を3つ。


1つ目は、医療従事者の皆さんへの感謝を忘れない事。

2つ目は、まず自分がコロナに感染しないようベストを尽くす事。

3つ目は、「命の選択では、かめさんを一番後回しに」と家族へ伝えた事。


何やらどよよ〜んと暗くなっちゃいましたから、
明るい話題を行ってみましょう。


トップは治療薬アビガンが有望になってきたこと。
治験の結果一つで乱高下する医薬品株の経験から
最初は慎重だったかめさん。
でもドイツや中国でも効果が認められ、
日本国内での一貫生産も目途がついたようですから、
期待は膨らみます。


次はアパホテルが軽症者の受け入れを表明したこと。
以前住んでいたマンションの近くにアパホテルが出来たのは約10年前。
その後東京五輪招致が決まり、
最近同じ界隈に2軒のホテルが建ちましたが、
出来たばかりの2軒は五輪延期で慌てているでしょう。
今回の軽症者受け入れでも他のホテルは
「何もメリットがないから断った」と匿名でテレビに語っていましたが、
本当にそうでしょうか?
少なくともかめさんは今回の受け入れで
いっぺんにアパホテルのファンになりました。


最後は昨日、今日激減した渋谷、原宿の人出でしょうか。
ただテレビで見て「うん、うん」と頷いていたかめさんに悲報が。
一部テレビやツイッターによれば
巣鴨に人出?!!
なんでも毎月4日、14日、24日は縁日で
お年寄りが押し寄せているようです。
テレビのインタビューに答えていた70歳男性は
「買い物があった」そうです。
ふざけんな!


似たようなぬか喜びはかめさん流の投資でも。
昨年末にアパートのリノベーション向けに
株、REIT、金を全額キャッシュに換えていました。
その後の暴落を見て、胸を撫で下ろしていたんですが、
不動産株やREITの相場を見ていると、
このままでは実物不動産への投資がダメージを受けそうです。


結局最後も暗い話題になってしまいましたが、
明けぬ夜はないことを信じ、
世界70億人の人達と共に
一日も早いコロナ収束を祈るばかりです。


2020年3月末で21年6か月になるかめさん流、
金・日本株・REIT(不動産投資信託)による運用実績は
恥ずかしながらの年10.40%(手数料税金差引前)、
手数料差引後では年10.17%ですm(_ _)m