山崎豊子「女系家族」がノンセクション第1位♪

2008/12/31 WED
昨日に引き続き、面白かったで賞ベスト10の
ノンセクション部門5冊を発表しまーす=^_^=


第1位 山崎豊子[1963],
「女系家族(上)(下)」新潮文庫
20年ぶりくらいの再読ですが、
今読んでも、相続のドロドロは税理士さんや
ファイナンシャルプランナーの方必読ですぞ=^_^=
2回テレビドラマ化されてますが、
小説の方が断然上っすね。


第2位 川端裕人[2008],
「銀河のワールドカップ」集英社文庫
6月3日「オマーン戦と銀河のワールドカップ」、
5日「再び銀河のワールドカップ:ボール蹴りたいよー」
とつれづれ日記に2回登場させたほどのお気に入り。
膝痛でしばらくサッカーを休んでいた
かめさんをサッカーに復帰させた面白さ。
サッカーをやるのが好きな人も、
観るのが好きな人も、興味がない人も、
もっとサッカーにはまること請け合いの1冊です=^_^=


第3位 椎名誠[2008],
「すすれ!麺の甲子園」新潮社
こちらも5月30日「それでもやっぱり・・・・(^^ゞ」、
8月1日「かめや家の冷汁甲子園」
とつれづれ日記に2回登場。
まじ、最後まで全国どこの麺が優勝するのか
ハラハラ、ドキドキでした=^_^=


第4位 乃南アサ[1995],
「死んでも忘れない」新潮文庫
おやじが痴漢の嫌疑を受けることから
話が始めるんですが、家族、家族、家族に貫かれた1冊。
お正月にこたつにあたりながら読めば、
涙、涙、涙間違いなし。
果たしてこの涙が泣きの涙か、
喜びの涙かは読んでのお楽しみ(^^ゞ


第5位 デュラン・れい子[2007],
「一度も植民地になったことがない日本」講談社新書
ベネディクトの「菊と刀」、
イザヤ・ベンダサンの「日本人とユダヤ人」など
外から見た日本人論大好きっ子のかめさん。
そんなかめさんから見ても、
この1冊はおすすめですぞ=^_^=
9月10日のMONEY DIARY
「日本コンビニ繁盛記」にも登場しています。


5月24日のスタート以来、アクセス数がうなぎ上り、
本当にありがたいことです<(_ _)>
来年もお気楽に書き飛ばしていきますので、
ぜひご愛読下さい。
では、皆さんも良いお年を=^_^=