「おくりびと」と映画制作委員会

2008/2/24 TUE
映画「おくりびと」が米アカデミー賞で
日本作品としては初めて
外国語映画賞を受賞しました。
松竹の株価も急騰し、
いやー、めでたい=^_^=
もちろん、日本のメディアも賞賛の嵐ですが、
かめさんが気になるのが
「映画制作委員会」方式というやつ。


Wikipediaからたどっていくと、
この「映画制作委員会」方式というのが
注目されたのは1984年「風の谷のナウシカ」
辺りから、もう20年以上になるんですね。
で、よく見る「映画制作委員会」のメンバーは
映画会社、テレビ局、出版社、広告代理店の
4社くらいというのがかめさんのイメージ。
ところが「おくりびと」は
何と10社が名を連ねています=^_^=


「映画制作委員会」の良いところは、
当たり外れの多い映画制作のリスクを
複数の社で分散すること。
製作費200億円といわれた
タイタニックは大成功でしたが、
それに続いて同じくらいの製作費を投じた
ポセイドン・アドベンチャーという映画が
大コケだったように、
映画はハイリスク・ハイリターンの代名詞(^^ゞ


以前、TBS"がっちりマンデー"で、
映画制作委員会の様子が特集されていましたが、
各社から数人づつ打ち合わせに参加して、
かなりの大人数。
一応、字幕に最初に出てくる会社が
主幹事のような役割のようですが、
番組MCの加藤浩次さんも、
こんな大人数で相談して話がまとまるの?
とツッコンデいました。


何事もうまくいっている時は
問題点がなおざりにされ、
行きすぎが出てくるもの。
杞憂かもしれませんが、
「おくりびと」の映画制作委員会10社を見て、
チト心配になってくるかめさんでした(^^ゞ