伊達男ベルルスコーニのピンチ

2010/7/21 WED
イタリアのベルルスコーニ首相といえば、
まず思い出すのが
トヨタカップでも優勝したACミランの実質オーナー・・・
つーか、本当は新聞社やテレビ局を支配するメディア王。


お次が昨年来、ばれまくりの派手な女性問題。
夫人からも三行半を突き付けられましたが、
なぜか支持率は50%以上をキープし、
世の男性から羨望のまなざしを受ける伊達男。


ところが、さしものベルルスコーニ首相
ここにきて支持率が40%近くまで急落。
理由はギリシャ危機からイタリアでも緊縮財政法案が成立し、
お得意のバラマキ政策が使えなくなったこと。
いずこの国でも、この手の政策は不人気ですね(^^ゞ


でも、今度が3回目の首相となるベルルスコーニ氏、
2回目のときは戦後のイタリアで最長、
任期一杯5年にわたって政権を担当するなど、
イタリアに政治的安定をもたらした人物。
彼がこの危機を乗り越えられるのか、
イタリア以上の財政悪化に苦しむ、
元・黄金の国ジバングでも注目ですぞ=^_^=