「おひさま」に「カレログ」があったら(^^ゞ

2011/9/21 WED
一時はDVDが2か月半たまっていた「おひさま」、
昨日やっと追い付きました\(^o^)/


視聴者をハラハラさせた夫婦の危機は、
何とかハッピーエンドになりそうですが、
昭和25年当時もし携帯があったら
随分物語も違ったでしょうね。


簡単なはがき2本を寄越しただけで、
病死した戦友の奥さんの元に止まる、
和成(井上真央演じる陽子の夫)。
実は月末まで納品しなければならない
美濃焼の仕事を手伝っているのですが、
何のことはない、
自分の蕎麦屋で使える食器作りに夢中(^^ゞ


今の世の中、こんな旦那は即離婚、
いや、それ以前に、
陽子が和成のスマホに
「カレログ」を勝手にダウンロードして、
行動追跡や通信記録をチェックしちゃうかも(^^ゞ


この「カレログ」というアプリ、
非難が殺到して
機能の一部停止に追い込まれたけど、
世の中知らない方が良いことも多いですよね。


かめさんも、
「おひさま」のDVDをためすぎたもんで、
和成が無事復員してきたり、
子どもが生まれたりと、
ワクワクしながら見るはずのシーンを
先に知ってしまい、
色あせちゃったことが何度か(^^ゞ


でも、最終回まで残り9話を全部生で見て、
「もしかして和成は・・・」
「育子と茂樹兄さんの恋の行方は?」
「初恋の相手川原さんは安曇野に戻らないの?」
などなど、
ドキドキ、ワクワクで、
楽しませてもらいます=^_^=